上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、星雲を撮りに行く機会に恵まれない日々が続いていますが、なぜか機材だけは増えました
EOSの60Dの改造も終わり、無事に趣味人から戻ってきたけど、まだ写真を撮る事ができません。
フラストレーション溜まるな~~~^^;
EOSはユーテリティ―ソフトでパソコンからカメラコントロールが可能なので、当初はそれを使う予定でしたが、バルブ撮影でのミラーアップの複数枚の設定が設定出来ないので悩んでいたところ、おっちゃんさからシャッターコントロールの存在を教えて頂きました。DSLR1
これは、広島の方がつくっておられる工作品ですが、なかなかのすぐれもの。対応も丁寧な方です。ソフトはフリーソフトを使いますが、その種類も数種類あり、自分の使いやすいソフトを選ぶ事ができます。私の場合、
DSLR Shutterのソフトをインストールしました。使い方もシンプルで、使いやすそうです。ただ、どのフリーソフトもポートの設定が必要なため、最初わからなくて、オッチャンさんにレスキューを求めてしまいましたがW
その他オートガイド当も制作されてるようで、HPのアドレスを一番下にリンクさせていただきました。


102.jpg
カメラ側につなくピンプラグの穴 
Tip:シャッター端子
Ring:フォーカス端子
Sleeve:共通線(GND)
103.jpg
USBコネクターでパソコンに繋ぎます。
ちなみにお値段ですが、4000円です。カメラ側に繋ぐリモートコードは基本的にはユーザーの自作になりますが、作れない方は、作ってもらえます。私は、面倒なので、作って頂きましたが、簡単に作れそうです。リモートコントローラーを買うよりもパソコンで操作されるのならの値段的にも使い勝手も断然良いように思えます。何しろ、設定さえしてしまえば、あとは終わるまで放置、その間、他の星を眺めたりもできるし、仲間と気兼ねなく会話もできるし、それになにより、寒い日などは、外で鼻水垂らして、じ~~~と我慢することもないですからね。
http://astro.hobby-site.com/guide2/index.html←欲しい物があるかも?
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

powered by まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。