上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨ど真ん中と、原発の放射能の事もあり、本来、5月から8月までは、フライフイッシングの季節と決めていたのですけれど、その気分が半減したまま、悶々とした日々を過ごしています。気分転換というわけではないのですが、星雲撮影用にと、EODD60を買ってしまいました。値段は8万円から少しお釣りがくるくらい。これを街道に近いうちに出す予定。(お金をためないと・・・・^^;)
60D.jpg
部屋で、ノイズテストをしてみました。ニコンのD300との比較とも比較してみました。高感度ノイズリダクションは敢えて、どちらも標準設定にしています。長時間ノイズリダクションはどちらもオフです。未処理のJPG画像です。
E3200+180 2 60D
ISO3200 露出3分 室温25度くらい。高感度ノイズも アンプノイズもほとんどみられないくらいかなりいいです
3200 5分
アンプノイズが広がってきました。
つずいて ニコンD300です。
D300.jpg
D300
N3200+180_2.jpg
ISO3200 露出3分 室温25度 
N3200+300_2.jpg
ISO3200 露出5分 室温25度
干潟星雲
この間、梅雨の晴れ間に撮った干潟星雲と三裂星雲。三裂星雲の青いガスがなかなか出ません。
馬頭マスク処理
以前に撮った馬頭星雲をステライメージのマスク処理で背景を整えてみました。背景は黒くなったのですが、全体にべったりとした遠近感が少ない写真になってしまったような・・・・。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

powered by まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。